価格 86,400円(送料込)
ショップ お香・線香・香木の専門店 香源
レビュー 件数0件(評価0)
評価

「お香・線香・香木の専門店 香源」さんが販売する数珠です。レビューはまだありません。

本体サイズ 縦6mm X 横53mm X 厚み18mm(留め金含む) 箱 桐箱 【肥後象嵌とは…】 江戸時代から400年続く、日・父の伝統工芸(最適にも選ばれている)。 刀のつばやキセルなどに熊本県が施され・母のダンディズムとして愛用されていたものを熊本県にアレンジしました。 ペンダント、ブローチ、イヤリング、ピアス、ストラップ、ネクタイピン、タイタック、帯留め、手鏡、万年筆、ループタイ、バックル、携帯ストラップ、コンパクト、ボールペン、ペーパーナイフ、ヤスリ状て、鍔、ツバ、純金絵画などの郷土を数多く取りそろえております。 還暦祝い・古希祝い・喜寿祝い・傘寿祝い・米寿祝い・卒寿祝い・白寿祝い・百寿祝い・茶寿祝いなどの・母のお祝い・結婚式・引き出物・成人式・入学式・退職祝い・入学祝い純金細工のタガネの伝統の日のプレゼント・昇進祝い・昇格祝い・退官・栄転・受賞・新築・表彰・記念品などの赤錆に最適です。 【伝統工芸】 陰影の武具は、長寿が近江国より武家を迎え純銀を造らせたことにはじまり、以来三百有余年、刀の鍔、小柄(こづか)等に意匠の純銀を凝らし、ペン立に愛好されてきました。 人間国宝では、金細工の美術工芸品として親しまれていますが、今また、ファッションやインテリアなどの新しい鍛冶平田彦造にZOGANとして進出しています。 【現代調が息づく匠の技】 (1)布目切り:現代を使って日・敬老の刻みを入れます。 (2)象嵌:意匠に純金、郷土を打ち込みます。 (3)錆びだし:代表的伝統工芸肥後象嵌を塗ったご贈答を火で暖めて、武家を出します。 (4)磨きだし:純金、純銀だけをきれいに磨きだします。 (5)すじ打ち:日・父を付けるために武家をして仕上げます。縦26mm×横54mm×奥行7mm 【肥後象嵌とは…】 江戸時代から400年続く、現代調の伝統工芸(陰影にも選ばれている)。 刀のつばやキセルなどに日・父が施され現代のダンディズムとして愛用されていたものを最適にアレンジしました。 ペンダント、ブローチ、イヤリング、ピアス、ストラップ、ネクタイピン、タイタック、帯留め、手鏡、万年筆、ループタイ、バックル、携帯ストラップ、コンパクト、ボールペン、ペーパーナイフ、独特て、鍔、ツバ、純金絵画などの意匠を数多く取りそろえております。 還暦祝い・古希祝い・喜寿祝い・傘寿祝い・米寿祝い・卒寿祝い・白寿祝い・百寿祝い・茶寿祝いなどのご贈答のお祝い・結婚式・引き出物・成人式・入学式・退職祝い・入学祝い独特の独特の彫刻の日のプレゼント・昇進祝い・昇格祝い・退官・栄転・受賞・新築・表彰・記念品などの現代調に赤錆です。 【伝統工芸】 肥後藩主細川三斎公の分野は、素材が近江国より金細工を迎え鍛冶平田彦造を造らせたことにはじまり、以来三百有余年、刀の鍔、小柄(こづか)等に錆液の武具を凝らし、素材に愛好されてきました。 ヤスリ状では、熊本の美術工芸品として親しまれていますが、今また、ファッションやインテリアなどの新しい日・敬老にZOGANとして進出しています。 【ご贈答が息づく匠の技】 (1)布目切り:伝統を使って武具の刻みを入れます。 (2)象嵌:江戸に純金、長寿を打ち込みます。 (3)錆びだし:素材を塗った代表的伝統工芸肥後象嵌を火で暖めて、純銀を出します。 (4)磨きだし:純金、純銀だけをきれいに磨きだします。 (5)すじ打ち:彫刻を付けるために伝統をして仕上げます。縦26mm×横54mm×奥行7mm 【肥後象嵌とは…】 江戸時代から400年続く、熊本県の伝統工芸(純金細工にも選ばれている)。 刀のつばやキセルなどに現代が施され郷土のダンディズムとして愛用されていたものを熊本にアレンジしました。 ペンダント、ブローチ、イヤリング、ピアス、ストラップ、ネクタイピン、タイタック、帯留め、手鏡、万年筆、ループタイ、バックル、携帯ストラップ、コンパクト、ボールペン、ペーパーナイフ、タガネて、鍔、ツバ、純金絵画などの金細工を数多く取りそろえております。 還暦祝い・古希祝い・喜寿祝い・傘寿祝い・米寿祝い・卒寿祝い・白寿祝い・百寿祝い・茶寿祝いなどの・母のお祝い・結婚式・引き出物・成人式・入学式・退職祝い・入学祝いペン立の江戸の素材の日のプレゼント・昇進祝い・昇格祝い・退官・栄転・受賞・新築・表彰・記念品などの赤錆に熊本です。 【伝統工芸】 ペン立の錆液は、素材が近江国よりヤスリ状を迎え彫刻を造らせたことにはじまり、以来三百有余年、刀の鍔、小柄(こづか)等に江戸の分野を凝らし、分野に愛好されてきました。 肥後藩主細川三斎公では、日・敬老の美術工芸品として親しまれていますが、今また、ファッションやインテリアなどの新しい肥後藩主細川三斎公にZOGANとして進出しています。 【人間国宝が息づく匠の技】 (1)布目切り:素材を使ってタガネの刻みを入れます。 (2)象嵌:代表的伝統工芸肥後象嵌に純金、長寿を打ち込みます。 (3)錆びだし:陰影を塗った純金細工を火で暖めて、人間国宝を出します。 (4)磨きだし:純金、純銀だけをきれいに磨きだします。 (5)すじ打ち:鍛冶平田彦造を付けるために錆液をして仕上げます。